2017.10.6 友田歯科医師はインプラント埋入オペを行いました。

2017.10.6 友田歯科医師はインプラント埋入オペを行いました。

こんにちは、歯科医師の友田です。今回は右下の奥歯の欠損に世界トップシェアのストローマン社製インプラントを2本埋入しました。

今回も歯科用CTスキャンによる精密な3次元的診断と適切なポジションに埋入するためのサージカルガイドという、位置や方向を規制するマウスピースを使用しました。

これにより、確実で安心・安全なオペとなりました。

CTによる診断は、現代のインプラント治療において必須とされていますが、当院の特徴としてCT診断に加えてサージカルガイドを用いることにより、さらに確実性、安全性を向上させることができます。

 

 

戻る