口呼吸はなぜいけない?

口呼吸はなぜいけない?

こんにちは。歯科衛生士の山内です。

7月も中旬にさしかかり、暑い日が続いておりますね。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

熱中症には気を付けて、楽しい夏を過ごして下さいね♪

 

さて、人間は無意識のうちに呼吸していますよね。

基本は、鼻から空気を吸って、鼻から吐きます。

最近は口をポカンと開けて、口で呼吸する方が増えてきています。

口呼吸は呼吸器系に影響を及ぼしますが、歯並びや姿勢にも

関わりがあるんです!

それは・・・・

・虫歯、歯周病になりやすい

・口臭が発生しやすい

・歯に汚れが付着しやすくなる

・噛み合わせが悪くなる

・出っ歯気味になる

 などがあります。

みなさんも意識して鼻呼吸をしましょうね。

蓄膿症やアレルギー性鼻炎などで鼻が悪い場合で口呼吸している

場合は早めに耳鼻科に相談しましょう。

戻る