2017年7月1日 歯を削る医療機器について、読売新聞から。

2017年7月1日 歯を削る医療機器について、読売新聞から。

歯を削るドリルやドリルの柄には、唾液や血液が付着するため、患者様使用ごとの高圧蒸気滅菌が推奨されています。

当院では滅菌専門スタッフが、院内感染予防のためにドリルやドリルの柄を患者様ごとにきちんと高圧蒸気滅菌しておりますので、ご安心ください。

なお、約半数もの歯科クリニックがこの高圧蒸気滅菌を行わない理由は高額なコストにあります。単純に滅菌コストがかかるだけでなく、高額機器を数多く揃えなければならない点、また、高温滅菌による機器の破損修理費の負担が挙げられます。現在、これら負担に対する保険点数等の国からの補助がゼロであるため、滅菌に多大な費用をかけられない歯科クリニックが半数も存在しているのだと考えられます。

当院ではしっかりとした滅菌を行い、今後も院内感染を起こさないよう最大限に努力してまいりますので、どうぞご安心ください。

 

戻る