2017年5月8日 院長はインプラントを埋入しました。

2017年5月8日 院長はインプラントを埋入しました。

連休明けですが、朝一番からインプラントの埋入オペでした。

今回は抜歯時に骨を造っていましたので、非常に簡易なケースとなりました。簡単とはいえ、位置と方向をより理想的にするためのサージカルガイドを使用しました。

サージカルガイドを使用することで、歯茎を切り開くことなく簡単にインプラントを埋入できました。(青矢印)

方向に関しても、上の歯の内側方向に向かっていて、理想的であったと思います。(黄色矢印)

患者様の協力もあり、本当にあっという間で終了しました。(オペ時間8分)

戻る