2017年1月14日 院長はインプラントを埋入しました。

2017年1月14日 院長はインプラントを埋入しました。

院長はインプラントを埋入しました。

今回は難易度の高いオペでした。2本のインプラント埋入のうち一箇所は、骨吸収が非常に大きく、インプラントがしっかり固定できない可能性がありました。さらに隣の歯(黄色)と神経(赤)との間が狭く、ピンポイントでこの狭い空間に正確にインプラント(青)を埋入しなければなりませんでした。そしてさらに、ブリッジをかけるため、もう一本のインプラントとの平行性が要求され、また、前歯部審美領域のため、インプラントの位置と方向と深さに正確性が求められました。

幸い、当院の使用する高精度サージカルガイドにより、位置や方向を迷うことなく正確にインプラントが埋入できました。インプラントの固定も幸いしっかりでき、同時に骨造成を行い、無事オペが終了しました。

術後の経過も良好との連絡が取れまして、ホッと一安心です。今後もできる限りスマートなインプラント埋入を心がけていきます。

戻る