2017年12月12日 院長はインプラントを埋入しました。

2017年12月12日 院長はインプラントを埋入しました。

院長はインプラントを埋入しました。

本日のケースは、5ヶ月前に抜歯を行った場所へのインプラント埋入でした。抜歯時に骨を補填しておいたため、骨幅が非常に良好な状態でした。

また、上顎洞(副鼻腔)(黄色線)までの距離もだいぶありましたので、非常に簡単なオペとなりました。

いつものように高精度サージカルガイドを使用し、フラップレス(歯茎を切り開かない術式)にてインプラントを埋入しました。オペ直後の写真でも、出血がほとんどない綺麗な歯茎を確認できます。

3ヶ月後には人工歯をかぶせていけると思います。

オペ時間は5分でした。

 

戻る